FC2ブログ

カレン族の村にて

2009.02.11.23:53

 メーホンソンの山奥のとある村の小学校へ行ってきました。
チェンマイから4時間かかって麓の村へ。
そこからピックアップトラックの荷台に乗り込み、山道を走ること45分。
山道は大雨のせいで轍になっていて、車は上下に大きく揺れ荷台でキャーキャー。
途中、大木が倒れかかってっていたり、細い道の脇は谷間だったりとスリル満点。
雨季にはとても通行できそうもありません。

電気も水道も通っていないこの小学校に、S氏が訪れたのは数年前。
教室の隅にパソコンが埃をかぶっているのを見て不審に思い問うと、
あるところから寄付してもらったのだが、電気が無いので使えないと言う。
この小学校にとってまず必要なのは何か?
せめて飲料水には浄化装置が欲しい・・・そんなことからS氏の呼びかけで援助が始まり
ソーラシステム・寄宿舎等々、日本のあるライオンズクラブが毎年寄付を続けています。
今回は子供たちが安心して遊べるようグランド設備を提供。
作業は生徒の親や村人が協力して行い、コンクリート製のグランドが出来上がりました。
その贈呈式に私たちも参列させていただきました。
ch5 086a
子供たちの表情がとっても素朴でかわいい!!
日本の半世紀前のような感じです。

式典を眺めている村人たち
ch5 082


ch5 095
彼は麓の村までお迎えに来てくれたこの村の村長。
いっしょにピックアップトラックの荷台で揺られてきました。
はにかんだような笑顔が印象的。

式典が終わると生徒達のワイに送られ、学校を後にしました。
また45分山道を揺られ降りてきてみると、村長や先生たち先に到着していました。
わざわざここまで見送りにきたくれたのです。
”サワディカップ” ”サワディカー” いつまでも手を振って見送ってくれました。




スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ローム(風)

Author:ローム(風)
タイ・チェンマイでの出来事を綴っていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード